戸塚で整体【ストレスって悪いもの?】

2019/08/05 ブログ
ロゴ

 

泉区・戸塚でメンタルケア、ボディケア は整体・ボディケア Sunroof

 

「ストレス」というものに対して、皆さんどのようなイメージをお持ちですか?

 

・嫌なもの

・精神的なもの

・良くない

 

などでしょうか。

 

確かにストレスは溜め込みすぎると良くないです。

ストレスで胃に穴が空く、と言われたりしますがストレスが大きいと体に様々な不調をきたします。

 

しかし一方でストレスがないと、無気力な状態になってしまいます。

それはそれで良いとは言えません。

 

例えば今年の夏のように暑いと冷房の効いた部屋に行きたくなります。

体力を奪われる過剰な暑さが続けばしっかりと暑さ対策をしなければいけませんが、いつも暑さから逃げるだけでなく、暑さと「上手く付き合うこと」も大事です。

ある程度は暑いところに行き、その気候に慣れていかないと体は適応できなくなってしまいます。

しっかりと汗をかくことで体温調整することも体にとっては必要な機能なので、避けてばかりいると暑さのストレスに耐えられなくなってしまいます。

 

このように暑い、寒いと感じることも一つのストレス反応。

 

精神的なストレスだけでなく、温度や湿度のストレスというものもあるのです。

 

身の回りには様々なストレスがあります。

 

例えば、ストレスの割合をこんな感じとします。

 

隣の上司 ストレス6

暑さ ストレス1

将来の不安 ストレス1

睡眠不足 ストレス1

通勤 ストレス1

 

というようにストレスの合計を10とします。

10はもうパンクしそうな状態です。

 

これを見ると確かに隣の上司はストレス6とだいぶ大きな割合を占めてます。

他のストレスはどれも1で小さなものに感じますが、例えばこれらを上手くかわしたとします。

 

隣の上司のストレス6+その他ストレス1=ストレス合計7

 

他のストレスを減らすだけで10のリミット状態からはだいぶ軽減されます。

 

このように一見隣の上司にイライラしまくっているような状況にみえても実は他のストレスも重なりリミッターを超えてしまうことがあるのです。

 

上の例ではザックリとしたストレスを合計しましたが、おそらくもっと沢山の小さなストレスがあるはずです。

 

でも小さなストレスは、これは別に大丈夫なものだと軽視されがち。

 

ところがそんな小さなものの積み重ねが大きくしてしまうのです。

そう考えた時に小さなストレスをカットしてく事も大切ですが、あとは上で書いた温度に慣れるようにストレスを感じすぎないように上手く付き合う事も大事です。

 

隣の上司にはイライラするかもしれませんが、隣の上司もそんな態度に少しは気づいているはずです。

 

こっちも少しばかり大人になる事でもしかしたら態度を変えてくるかもしれません。

また他の事でのストレスが減れば、「またこの上司こんなこと言ってるよ」と軽く受け流せれば、6あったストレスも4とか5に収まるかもしれません。

 

私たち現代人は常に様々なストレスと隣り合わせで生きていかなければいけません。

日々蓄積してしまう事でパンクしてしまわないようにストレスと上手く付き合うこと。

またパンクしそうでもそれはおそらく一時的で収まるものだと開き直る気持ちを持つこと。

 

精神と体はいつも隣り合わせで、どちらも良い影響や悪い影響をもたらしあいます。

 

心が弱ったときは体を労わり、体が弱ったときは心を労ってみてはいかがでしょうか?

 

整体・ボディケア Sunroofでは心身共にバランスが取れるように自律神経のバランス調整、骨格や筋肉の調整をしていきます。

肩こりや腰痛といったようなわかりやすい症状がなくても、ずっしり体が重く感じたり、疲れが取れなかったり、不定愁訴の場合にも効果があります。

 

お困りな方は是非相談してみてはいかがでしょうか。