戸塚で整体【屈む(かがむ)ときに腰が痛い】そんな症状でお困りの方へ

2019/09/01 ブログ
ロゴ

泉区・戸塚で体のメンテナンスは整体・ボディケア Sunroof

 

なにか下の物を取るときなど、屈む動作で腰が辛い(痛い)ときはありませんか?

 

腰が痛い場合、腰の筋肉の緊張が強い事がもちろん多いですが、原因が別にある場合も多いです。

 

体の前屈および後屈運動は椎間関節や仙腸関節、股関節の3つの関節が連動します。(複合関節運動)

 

前屈運動において腰椎(腰骨)と股関節の可動性は特にに大事です。

 

ところが例えば股関節の屈曲可動域が低下してしまうと、仙腸関節や椎間関節が股関節の低下した可動性を補おうとし、過剰に可動してしまいます。(代償運動)

仙腸関節はさほど可動する関節ではないので、椎間関節(特に腰椎)がその負担を補ってしまいます。

 

屈んだ姿勢でいえば、前屈した際に腰が丸まった状態になります。

 

つまり腰が痛い場合、その患部に目がいきがちですが、そこに関係する他の部位に目を向ける必要があるのです。

 

また体の前屈運動時に腰椎への負担(=腰痛)を軽減させるためにはハムストリングスの柔軟性が大切であったり、腸腰筋(大腰筋)などといったインナーマッスルの緊張を取り除くことも大切な場合があります。

 

整体・ボディケア Sunroofでは、骨格(関節)と筋肉の状態を見極めながら、その方に合った施術をしていきます。

 

辛さを取り除く事はもちろん、どうしてそこに負担がきてしまったのかを私たちスタッフだけでなく、お客さんにもわかって頂く必要があると考えます。

 

腰痛や肩こりをはじめとした様々な症状に対しても調整を行なっておりますので、体のお辛さを感じている方は是非お気軽にご相談ください。