ぎっくり腰には要注意!【泉区・戸塚エリアの整体・ボディケア Sunroof】

2020/07/08 ブログ
ぎっくり腰

泉区・戸塚エリアの整体・ボディケア Sunroofのブログをご覧いただきありがとうございます。

今年も豪雨はくるのですね。

九州などでは川の氾濫もありましたし…

少しでも早く、まずは住居がよくなりますように。

そして、皆様が無事であることを祈っております。

最近は雨や曇りでも気温がだいぶ上がってきましたね。

もう夏といった感じでしょうか。

きっと梅雨明けするのはあと2週間ぐらいでしょうが、暑さに少しづつ慣れていきましょうね。

そんな時に出やすい症状としては

寝違え・ぎっくり腰

先日、寝違えについてはブログで紹介しました。

https://sunroof-2013.net/blog/20200625-1616/

今回はぎっくり腰について書こうと思います。

①気温差は関係する?

②背中・足の張りには要注意!

③どうやって行動を心掛ける?

この順で説明していきますよ。

①気温差は関係する?

関係なくはありません。

気温差が激しいと自律神経が乱れがちになります。

しっかり疲れが取れない。

これはいけません。

急に腰に痛みを感じるぎっくり腰ですが、一回の負担で急に痛みが出るものではないと思います。

気付かない日々の疲れが溜まり、何かの拍子にぎっくり腰になる。

そう考えていただいた方が良いと思います。

また、暑くなると冷たい物を食べがち、飲みがちになってしまいますよね。

それもぎっくり腰の原因になる可能性があります。

内臓の冷えから腰にかかる負担が増えてしまうのです。

また、代謝も落ちてしまいますし、冷たい物の食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。

ぎっくり腰

②背中・足の張りには要注意!

実は背中や足のはりも腰痛には関係します。

背中がうまく動かないと、その分腰がカバーして動こうとするので負担がかかります。

足に関しても太腿の筋肉がはると、骨盤の動きがうまくいかなくなり、その分腰に負担がかかってしまいます。

これらの負担の積み重ねもぎっくり腰の原因の一つです。

ぎっくり腰の予防としてストレッチすることでをおすすめします。

腰のストレッチはもちろんのこと。

背中や太腿を一緒にストレッチをすると良いでしょう。

③どうやって行動を心掛ける?

『前に屈めない』

『動き出しが特に痛い』

そういうことが多いのがぎっくり腰の特徴。

まだ他にも症状がありますが、この2つについてアドバイスさせていただきます。

まずは『前に屈めない』

膝を曲げて屈むという工夫をしている方が多いと思います。

しかし、起き上がるときに腰が痛い。

ここでポイントがあります。

脚を左右に揃えてしまうと腰に負担がかかります。

前後にすると、起き上がるのも負担が減ります。

あと、『動き出しが特に痛い』

これは腹筋に力を入れてから動き出しましょう。

腹筋を意識しながらやると腹圧が高まり腰が安定します。

 

上記の方法は痛みをとるというのとは違います。

動き出す際に腰の負担を減らすということ。

痛みを軽減するには炎症を抑えること。

これは冷やしたり、薬などで対応します。

そして、腰を直接アプローチせず関連している背中や足を施術することが可能です。

ぎっくり腰でお困りの際はご相談くださいね。

相談方法はLINEを使いたいと思います。

LINEであれば画像も動画も共有しやすいですし、残るものなので復習もしやすいので、良いと思います。

整体サンルーフ

アカウントはHP内から。

またはID→@bgj3414q

そしてこちらのQRコードからもどうぞ。

お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

ブログを読んでいただいた方限定で10%offさせて頂きます。

※初回限定

※他の割引と併用不可

ご予約の際に教えてくださいね。

整体サンルーフ

整体・ボディケア sunroof

住所:横浜市泉区中田南2-13-4 グランシャリオ101

電話番号:045-567-5306

営業時間:10:00~20:00い

定休日:不定休

 

中田駅から徒歩3分。戸塚から車で10分。

長後街道沿いにあり、落ち着いた店内の整体。

車でいらっしゃる方は一度お問合せください。

隣のオルゴールという美容院が閉店してしまった為、お店の前に停めることができるケースがございます。

お店の前に停められない場合、近くの駐車場に止めていただき、駐車場はこちらで負担いたします。

予約の際にご相談下さい。